×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

それは、既に過去となった時代。
誰かの記憶となったオハナシ。
セカイに綴じられた出来事。






それは再会を約束した者達の物語が始まるよりも前のこと。
東京が見えない恐怖に包まれ始めていた時のこと。
始まりから二年が過ぎた後のこと。



運命に選ばれなかった者達の追想の果てを綴った物語。





鮮血ノ月第二部

百鬼夜行節






  始まりは一つの終わり。
 与えられることも、望むことも知らなかった虚無の少女の話。
何も持たなかった彼女が、ようやく何かを手にしかけた物語。
少女の父になろうとした男との、優しくも残酷な絆の果て。

  「生きているだけで幸せだと思える。君には、そんな人生を送ってほしいよ」

 砕け散る希望。ゼロへの帰還。
  物語は、少女の絶望から始まる。



登場人物